急性アルコール中毒とは、アルコールを短時間に多量に摂取したために意識障害を起こしたり、昏睡状態や呼吸困難、血圧低下といった状態が生じることです。最悪、死亡する事もあり、本当に危険な症状です。

 

急性アルコール中毒は、お酒が強い弱い関係なく起こります。

 

原因は、短時間で多量のアルコールを摂取することにあるため、お酒に強いと思っていた人でも度数の強いものを一気飲みすれば、アセドアルデヒドを変換する酵素が追いつかず誰でも起こりうるのです。

 

それでは、お酒を飲んでいるときに側にいた人が急に意識を失った(急性アルコール中毒)になったら、どうすれば良いでしょうか。

 

まず、経過として大量の嘔吐を繰り返し、ふらつき歩行が困難な状態になります。できることなら、この時点で既に急性アルコール中毒が始まっているので気をつけてください。

 

まだ意識があるようなら、安静にし、水を飲ませて利尿を促します。

 

体温を安定させ、寝たまま嘔吐した場合に呼吸困難にならないように注意して見守ります。

 

もし、呼びかけに反応しないようでしたら、至急、救急車を呼ぶべきです。

 

基本的に自然回復になりますが、重症の場合には脱水を抑える点滴や胃洗浄が必要となります。

 

当たり前ですが、急性アルコール中毒にならないように自分のペースで楽しみましょう。