いつも飲んでるお酒の度数は?

アルコールの度数は一般的に以下の割合が多いでしょう。

 

缶チューハイ  5%
ビール  5%
ワイン  9〜12%
日本酒  15%前後
焼酎  25%
ウイスキー  40〜50%

 

みなさんの想像通りでしょうか。お酒を飲む際には是非アルコール度数を意識してのみ過ぎないようにしましょう。

 

なお、日本の酒税法でアルコールの度数は下記のように決められています。

 

ビール 20度未満
日本酒 22度未満
焼酎 45度以下

 

このように定義されているので、これ以上のものは販売名が日本酒であろうと別の取り扱いがされています。

 

また、面白いのは日本ではビールと言えば5%がほとんどですが、私がたまに飲むベルギービールはフルーツビールと言う2%のものから熟成感のある10%近いものまでバラエティに飛んでいます。日本も20度未満ならばビールに該当するのですが、一部の地ビール以外はそれほど普及していないのが現状です。

番外編

さて、上記に挙げたお酒以外にもアルコールの度数の高いお酒はあります。

 

その最高峰といえば・・・スピリタスでしょう。
アルコール度数は96度!!
当然、火を近づけたら燃えます。

 

最近では学生などが面白半分にスピリタスを飲んでいるなどという話を聞くことがありますが、危険ですので絶対に無理に飲むような事はやめましょう。