痛風の症状


痛風とは、体内に尿酸が蓄積され血中で溶けきれずに結晶化することで炎症や発作を起こす病気のことです。

 

尿酸とは、プリン体が分解されて生じる老廃物であり、
・レバー
・白子
・一部の魚介類
上記のようなものに豊富に含まれています。

 

あれ?ビールは?と思うかもしれませんが、ビールは食品に比べればそこまで多いものではありません。しかし、アルコールは尿酸値を上昇させるためプリン体が多い少ないに関わらず飲みすぎれば通風を引き起こす原因となるのです。

 

主な症状は以下のものです。
・足をはじめとする全身の関節の激痛
・発赤、発熱
・痛みと沈静が繰り返される

 

健康診断などで尿酸値が高くなった状態(7.0mg/dl以上)と判明したら、早めに生活習慣の改善やきちんとした検査を受けるようにしましょう。

つまり?何が違うの?

・痛風
血中の尿酸値により発症する病気

 

・アルコール筋症(ミオパチー)
アルコールの作用による筋力の低下又は破壊による痛み

 

いうなれば、アルコール筋症はアルコールの耐性によって個人差があるもので体質とも言えるでしょう。

 

それでは、アルコール筋症(ミオパチー)になった場合どのような治療法があるのでしょうか。次の項目では、そこを詳しく掘り下げていきたいと思います。