酔って暴れたわけでもなければ、特別持病を抱えているわけでもない。
それなのに、お酒を飲んだあと気が付くと身体が筋肉痛のように痛い
そんな症状に襲われることはありませんか?

 

これは病気・・・というほどではありませんが、実はお酒が身体に悪い作用をしているのです。

 

お酒と言えば百薬の長と言われることもあれば、アルコール中毒で死に至ることもあり、薬にも毒にもなる飲み物です。
飲み方さえ間違えなければ、気持ちよく楽しい雰囲気にさせてくれます。
ところが、つい飲みすぎてしまうのもお酒の魅力(魔力?)ですね。
お酒を飲んだ後の代表的な症状は、倦怠感や吐き気、ふらつき、記憶喪失などいわゆる酩酊状態があります。

 

身体、筋肉が痛いというのは、あまり聞いたことがないかもしれません。

 

しかし、このような症状が表れることをアルコール性ミオパチーと言い、一定の割合でいるようです。

 

アルコール性ミオパチー?お酒を飲むと痛くなるのは何故?
仕組みや体験談を集めましたので、悩んでいる方は是非参考にしてみてください。